×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メタボリック症候群

メタボリック症候群に、運動はとても効果的です。
あなたはメタボリック症候群という言葉を聞いたことはありませんか。今、メタボリックシンドロームの予防として「メタボリック症候群対策」が非常に注目されています。

あの厚生労働省でもメタボリック症候群に乗り出し、大臣自らがメタボリックシンドロームと闘っている様子が公開されていますね。この様に、メタボリック症候群対策というのは国も注目している物なのです。

では具体的に、メタボリック症候群対策というのはどの様なもののことを言うのでしょうか。一般的にはメタボ対策と言われるのは色々な方法があるのだということを知っておきましょう。
料理のメニューに気をつけることもメタボリック症候群の対策となりますし、プログラムを組んだ運動トレーニングをしていくこともメタボ対策であり予防でもあります。

つまり、メタボリック症候群対策というのは方法が「ひとつ」ではないのです。色々なメタボリック症候群対策をすることで、更なる効果が期待できます。

そんな中で日本メタボリック症候群対策協会が推奨するメタボ対策があるのをご存知でしたでしょうか?最も手軽で長続きするメタボ対策として注目され実践されている方も多いですからチェックしておくことをオススメします。

⇒日本メタボリック症候群対策協会推奨品をチェックする!

体脂肪率を計算

体脂肪率(体の中の脂肪の割合です)についての様々な情報がネット上に寄せられていて、それに関する計算方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)も多数公開されているのです。数値を入力するだけで体脂肪率(家庭で測る際には、生体インピーダンス法が使われていることが多いです)を計算して算出し、ほどよいところで管理することが大ことと思います。

そして、体脂肪率(水中体重秤量法、空気置換法、二重エネルギーX線吸収法、皮下脂肪厚法、生体インピーダンス法、体内カリウム測定法、超音波法など、たくさんの測定法があります)を計算によって算出しながら、健康管理に役立てて欲しいとなるんです。体脂肪率(体の中の脂肪の割合です)は高くてはいけないのですし、低すぎても健康に良くないのです。

低すぎる体脂肪率(家庭で測る際には、生体インピーダンス法が使われていることが多いです)は、体熱低下や筋力低下に繋がることがあるわけです。ちゃんと体脂肪率を算出してくれると言う重宝なサイトも無数あるようなので、ぜひ充用してみてください。

体脂肪率の平均

体脂肪率(体の中の脂肪の割合です)の平均値とはいっても、男性で18~39歳の場合17~21%、女性で18~39歳ともなれね27%以上、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)18~39歳の場合28~34%となるようです。この数値は体脂肪率(高すぎると肥満ですが、低すぎるのも健康に害が及ぶ可能性があります)の平均値は、老化と共に高くなると思います。

60歳平均は、男性の場合体脂肪率が30%以上で肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)、女性だったら42%以上で肥満となるのです。体脂肪率の平均値を超えて肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)となると、男性18~39歳の場合28~34%となるみたいです。少し、ほっとしました。子供の体脂肪率(高すぎると肥満ですが、低すぎるのも健康に害が及ぶ可能性があります)も問題になっているようです

外で体を動かして遊ばずに、遊びなどで家の中で遊ぶ子どもが増加しているからだと言われています。そして体脂肪率(水中体重秤量法、空気置換法、二重エネルギーX線吸収法、皮下脂肪厚法、生体インピーダンス法、体内カリウム測定法、超音波法など、たくさんの測定法があります)の平均値は、加齢と共に高くなります。私も子供を二人持つママ(子供にとってはいいやすい呼び方ではありますが、いつまでもパパとママではおかしいので、幼い頃からお父さん・お母さんと呼ねせるご家庭もあるそうです)になるのですが、子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)は多少体脂肪率(体の中の脂肪の割合です)が高くて太っていても今後身長が伸びるので、それほど数値にカリカリしなくても大丈夫なように思いますね。

ただ、保健の先生や医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)から忠告を受けた子どもは、体脂肪率平均値を念頭に置いてに忠告をした方がいいかもしれません。